宙組『El Japón -イスパニアのサムライ-』『アクアヴィーテ!!』

この記事はだいたい 848 で読めます


El Japón -イスパニアのサムライ-

予習の必要性

正直,いらないです。

日本は戦国時代で行先がスペインであることだけわかってたら時代背景はとりあえず無視して大丈夫です。
というのも,中盤くらいまではすごく…月組のNOBUNAGAを思わせる作りなんですよ。大野先生の妄想アレンジがこれでもかと込められているので,時代背景は特に気にしなくて大丈夫です。

ただ,ちょっとだけ踏まえておくとよいのでは,と思ったのは以下のポイント。

伊達政宗による東北独立政権への施策

(1)岩崎一揆

作中では蒲田治道の回想として触れられているのみですが,そもそもこれも伊達政宗による対徳川の一貫,というか,徳川政権が関ヶ原で対豊臣連合軍との闘いに集中している間に東北を徳川政権の影響かから奪い返すということを目的にしたクーデターの一部なんですよね。
当時の伊達家の扱いとしては,名目上豊臣の臣下という扱いになっているので,徳川家とは同列のはずが,いつの間にか徳川家が他の(豊臣政権下では同列であった)大名の上に立とうとしてるんだからそりゃ伊達政宗としては面白くない。そんなところに徳川家から,西軍につこうとしてる上杉家を東北に留めておく(関ヶ原に来られなくする)ために戦仕掛けろ,と打診されたら…ねぇ。この混乱に乗じて東北は俺が獲る! くらいの気分であったことでしょう。
実際,この関ヶ原に乗じて伊達政宗と最上義光はお隣の上杉景勝に対して宣戦布告し,実際に上杉家から領土を分捕ることに成功していますが,伊達政宗はこの岩崎一揆を扇動して(関ヶ原における東軍側としては味方のはずの)南部家からも領土を奪おうとしたことがバレて,領土拡大の野望は押し込められてしまうことになりました。

全ては関ヶ原で西軍がまさか半日で敗走してしまったために。

…このへんは宙組『美しき生涯』で補完してください。
伊達政宗としては関ヶ原で西軍が勝とうが東軍が勝とうが大した問題ではなく,東北から徳川の影響力を排除したかったんだと思います。

なので,関ヶ原の西軍が持ちこたえていれば,伊達政宗は和賀家にも援軍を送ったし,治道も和賀に戻って藤乃(遥羽らら)と添い遂げたし,藤九郎(和希そら)から恨まれることもなく…始まる前に話が終わってしまう。

(2)慶長遣欧使節団

で,(1)が失敗したので次に伊達政宗が考えたのが,いわゆる「外圧」ってやつですね。
徳川政権は豊臣政権の伴天連追放令を継承しつつあったでしょうし,伊達政宗が果たしてどこまでキリスト教を保護する気があったのかは不明ですが,いずれにしても当時世界最大の領土(太陽の沈まない国)を築いていたスペインを味方につけようとしたのはなかなかワールドワイドな戦略であったと思います。
まぁ,遅かったんですけど。
こちらも結局,帰国するころには徳川政権での禁教・対外貿易制限が進んでいたので,ほんとに伊達政宗があと20年早く生まれていれば,今の日本は全く違う歴史を歩んでいたんだろうな…と思わざるをえません。

今作でも,使節団に対してスペイン側がかなり塩対応ですが,それはそもそも「布教の保証をしなかった」あたりにも原因があるのかな,と思います。支倉常長(寿つかさ)自身は洗礼を受けていますが,自身も洗礼を受けた大名が派遣した天正遣欧使節団とは明らかに…現地での扱いに差があるようで…まして当時のスペイン(ハプスブルク家)はキリスト教の庇護者として超!超!!名門として君臨してるわけですし…(名門すぎて結婚先が親戚しかいなくて近親婚繰り返して遺伝子疾患抱える悪循環)。

当時のスペイン情勢

当時のスペインはフェリペ2世の築いた「太陽の沈まない国」スペイン帝国…が斜陽に差し掛かり始めたころで,いわゆる爛熟期というやつですね。
大きくなりすぎた屈指の名門スペイン・ハプスブルク家が近親婚と重婚の果てに乳児死亡率急上昇しつつあったころ。
今回登場人物にいるフェリペ3世(星吹彩翔)はフェリペ2世の末息子で,ドン・カルロス(雪組の『ドン・カルロス』の主人公)の死後に生まれている計算。フェリペ2世は嫁も子供もたくさんいたのに生き残った数があまりに少ない…。実際フェリペ3世の母親はフェリペ2世の妹の子だから姪を嫁にしてる近親婚なんだよね…。名門過ぎて嫁とり先がオーストリア・ハプスブルクかブルボンくらいしかない(そしてブルボンとは犬猿の仲)とか致命的すぎる。

感想つらつら

力業のハッピーエンド

蒲田治道(真風涼帆)については,藤乃(遥羽らら)への裏切り行為が後悔としてすごく心にのしかかっていて,それだからこそ藤九郎(和希そら)の殺意も甘んじて受けるんだけど,果たしてあの場面,切られてやる気があったのかといえば…絶対なかったと思うんですよね。だって今は主君である伊達政宗(美月悠)から命じられた大事な大事なお役目の途中なのだから,無事に目的果たして日本に戻るまではそんな職務放棄なんてとんでもない。せいぜい,斬られてやるにしても仙台の港が見えてからでしょう。
だから,そんな治道が名を捨ててまでカタリナとスペインで生きることを選んだというのが…ちょっと…しっくりこないというか。剣を捨てようとするくらい,藤乃と政宗を守れなかったことを悔やんでいるのに,そういう前の向き方をするようには思えないというか。
逆に言えば,新しい名前で生きることで,こうした過去とも別れられるという…アレハンドロ(芹香斗亜)によって超! 強引に前を向かされた感があります。
カタリナ(星風まどか)がこうと決めたら実行力(そして完遂力)のある女性だけに,きっとかかあ天下になることでしょう。

宙組には珍しい,力業のハッピーエンドだと感じました。

ある意味ではすごくタカラヅカ的なハッピーエンドです。
だって悪人らしい悪人が一人しかいない。

唯一の悪人

その悪人こそ,ドン・フェルディナンド(英真なおき)。しかしこのフェルディナンド,よくいるタイプの「好色な悪人」ではないんだよね。この描き方,すごくいいと思うんですよ。女にだけうつつを抜かす悪役なんて三流ですよ。実際,ドン・フェルディナンドは金もうけの方に主眼を置いているので,すごく,悪人として好感を持てます(なんのこっちゃ)

その息子,エリアス(桜木みなと)いやーオープニングはきらきらしているから果たしていい人なのか全く読めないのですが,出てきたら普通にヤな奴なんだけど,むしろ(また)情緒不安定でキレる若者か,とも思ってしまったんですが。
ちょっと周りと上手くいかなくて中二病こじらせたまま成長してしまっただけなんですよね(その言い方もどうか)。
フェルディナンドの手下に対して「今宵の虎徹は血に飢えている」みたいな行為に及んだりして,かなり手遅れ感あったのですが,ラストシーンで自分から頭を下げてアレハンドロに手を出しているので,きっとこれからは藤九郎という友を得て軌道修正していくことでしょう。たぶん。
ただ,回によってはアレハンドロから指一本しか差し出してもらえなかったり,そもそもなかなか握手に応じてもらえなかったりと完全に遊ばれているので前途多難ではある(おちょくられ要員)。

ハッピーエンドの回収漏れ

先に書いた通り,すごく力業でハッピーエンドにしたもんだから,かなり…無理のある終わり方をしている人がたくさんいてですね…。

まずは藤九郎(和希そら)
治道のスペイン滞在が不法移民扱いになるからって死んだ人間になり替わろうとしたのに,藤九郎は!? 藤九郎どうすんのもう船間に合わないよ!? 不法滞在になるよ!? めでたしめでたし見たいな顔で立ってるけどさぁ…帰化ってありなの?
同様に,フェルディナンドの農園で働かされていた奴隷たちも,フェルディナンドが失脚したし,そもそも奴隷自体が違法だけど解放されても不法滞在…現地の人と結婚するしかないのか?
…まぁじゅりちゃんはアレハンドロの嫁に収まりそうですが。

アレハンドロといえば,一番描き方うまかったと思うんですよね。ほんっとに存在不明な謎の男から始まって,過不足なく情報を小出しにしていって,最終的には水戸黄門なわけですから。洒脱な役柄はとてもキキちゃんにお似合いだと思います。
レルマ公爵(凛城きら)ウセダ公爵(春瀬央季)は頭と胃が痛い感じでしょうけど。絶対「仕方ないから(一度)家に帰る(が貴族の仲間入りはしないしまたすぐ出る)」って心の声挟まってたと思う。

余談

作中では名前すらないカタリナの夫なのですが,アレハンドロの親友で一緒に切磋琢磨してくれる(≒おそらく剣の腕も立つ)のに,踊り子やってたカタリナにほれ込んで剣を捨てて宿屋の亭主として生きようとして…すごく…主人公属性じゃない?
ドン・フェルディナンドに睨まれて理不尽なリンチを受けて殺されるにしても,上記の通り,おそらくそれなりに腕が立つから自分だけなら手下ども打ちのめして逃げられただろうに,そうするとカタリナがひどい目にあうからって殺されることを受け入れているかのようで…あの夜の会話だけでもう何か死期を悟っているかのようなんですけど。

そんなあれこれで,大野先生の頭の中に入ったいどれくらい精密に設定が組まれていて,いったいどれだけ場面がカットされたのか…

アクアヴィーテ!!

いつもショーの感想はあっさりなんですけど,今回はなんていうか,男役の女装多いのにあんまり嫌味ではなかったように思うんですよね。
そもそもゆいちぃのダルマは退団公演であるからにはゆいちぃにトゥシューズ履かせるなんて予想通り過ぎて。そして案の定あしめっちゃなっが!!!!!! ていう異次元プロポーションでしたね。
ていうかショーの感想って難しいんですよね…ポンコツな頭では言語化しづらい。ただ,もえことあやちゃんの組み合わせマジで多いな!! って思ったことだけは声を大にしておきます。新公もバウも組ませてショーでもこんなに組ませるのは…一体どういう思惑で…あやちゃんの花嫁修業ですかね…? いやでもそれならもうちょっと上級生と組ませてもいいのでは…ナゾ。いや,身長差とか夢夢しくていいんですけど。

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA