宙組『FLYING SAPA』梅田芸術劇場

この記事はだいたい 1128 で読めます

4月頭に東京行くつもりでチケットもホテルも新幹線も手配していたけれど,刻々と悪化する情勢でやむなく全部キャンセルしたら結果として公演自体も中止となってしまったSAPA。思いがけず大阪で見られることになったものの,本当に幕が開くのか,また,今日は公演できたけど明日はどうなるのか,本当に綱渡りの状況で,11日の千秋楽を迎えられたのは何とも言えない気持ちです。

以下,ネタバレに配慮していないので東京初見の方はご注意ください。

続きを読む… «宙組『FLYING SAPA』梅田芸術劇場»

星組『眩耀の谷/Ray』宝塚大劇場他

この記事はだいたい 845 で読めます

星組公演を大劇場で見たのはまだ日本が「これまでの生活」を送っていた2月13日のことでした。この日の帰りに阪急うめだのバレンタインフェアに行って,文字通りごった返す売り場であったのですが,なんか今となっては遠い昔のことのようですね。
結局,翌週には公演の休止が決まり,2枚目のチケットは文字通り紙切れになったわけで,感想の文字起こしもしないまま,時が流れたというか止まったというか…カレンダーは進んでるんだけど心は置いてけぼりだったんですよね。
なので今回,東京公演も開始されたので少しあの頃のことを振り返ってみたいと思います。

続きを読む… «星組『眩耀の谷/Ray』宝塚大劇場他»

花組『はいからさんが通る』宝塚大劇場

この記事はだいたい 547 で読めます

先日,ようやく(と言っていいものかは悩ましいところですが)再開された大劇場公演を見てきました。
観劇前に,楽天TVで実施された劇場中継を見てから行ったのですが,内容の感想は後に送るとして,客席の静けさがとても印象的でした。
タカスペでも開演前の客席静かですが,あれも結局「チケットは一人一枚」で隣の席は別に知り合いじゃないからなんですよね。今回も同じように一人一枚だし間に空席もあるし,加えて事前の通達もあったしで…それにしても静かでした。オケの音合わせもないし。
一方で拍手の音がすごく大きく感じたのは,ある意味「たたきなれてる」「常連さん」ばかりが客席にいるということなのかな…とも。

続きを読む… «花組『はいからさんが通る』宝塚大劇場»

2019年宝塚観劇を振り返ってみる

この記事はだいたい 745 で読めます

さて,今年も早いもので2019年,宝塚105周年も終わり,明日からは雪組公演が始まろうとしております。…あれ? 今年も雪組を年始早々に見たような…? って思ったけどそれは東京公演でしたね。雪組ファントムはムラでは去年の年末のことでした。
今年は年末のこの日,珍しく何も! やることが! ないので! ちょっと今年の観劇を振り返ってみようかと思います。
ただ,チケ難に年々拍車がかかっており,見られない公演が増えてきたなぁ…というのが正直なところです。
続きを読む… «2019年宝塚観劇を振り返ってみる»

宙組『El Japón -イスパニアのサムライ-』『アクアヴィーテ!!』

この記事はだいたい 848 で読めます


続きを読む… «宙組『El Japón -イスパニアのサムライ-』『アクアヴィーテ!!』»

月組『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』

この記事はだいたい 825 で読めます

当地で大好評ロングランだったという作品の日本初演,初日に見てきました。
UCCミュージカルというとミーマイが真っ先に思い浮かびますが,今作もハッピーエンドなコメディ作品です。ミーマイよりもずっと現代劇なので,雰囲気としてはそれこそ雪組でやった『Shall We Dance?』くらいリアルタイムな現代劇。何があっても最後はハッピーエンドなので,水戸黄門のような安心感で見ていられる作品でした。
1幕は正直,ちょっと雰囲気がつかみづらくて(これまでの宝塚作品とはやっぱり毛色も違うし…)リピート不安だったのですが,2幕はこちらも馴染んできたのかすごく自然に見てられました。何より,面白かった(それが一番大事)。
続きを読む… «月組『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』»

宙組『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』宝塚バウホール

この記事はだいたい 219 で読めます

98期二人目のバウ主演,もえここと瑠風輝の初主演を見てきたので備忘録がてらのメモです。
もえこはすでに卒業した新公で主演4回(Shakespeare,エリザベート,神々の土地,偉人たちのルネサンス),バウも二番手として3回(PTT,ハッスル メイツ!,群盗)経験しているのである意味満を持してという感じはあるのですが,それにしても思ったより早かったな,という印象でした。98期は月組のありちゃんが先にArcadiaで主演しているとはいえ,月組の育成スタイルからすれば順当なので,次はもえこかなー…とぼんやり思ってはいたものの,正直来年くらいだと思ってました。
とはいえ,歌唱力にはもはや何の心配もしていないので,初演のドキドキはむしろ「ストーリーどうなんのやろ」のほうが大きかったです。だってほら,原作が相当ぶっ飛んでるから。
続きを読む… «宙組『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』宝塚バウホール»

花組『蘭陵王—美しすぎる武将—』シアタードラマシティ

この記事はだいたい 1014 で読めます

どうも,お久しぶりです。
生きてます。
私生活でいろいろあって,中1年未満で再度転職活動したり,転職決めたり,実家から出たりしてたのですが相変わらず宝塚は見ています。

で。

かちゃで蘭陵王,と聞いたときから楽しみしかなかった。
かちゃの蘭陵王とか美貌に非の打ち所もないやん。
ポスターの「美しかったが悪いか」の台詞に何の嫌味も無いというか,「美しい事は正義ですよね」としか思えないかちゃのビジュアルの説得力よ…

…って期待値上がった上で見た後

正直,なんか私の思っていた蘭陵王とは違う…と思ってしまったのですが,あれこれ思うところもあったので備忘がてらに書いておきます。
続きを読む… «花組『蘭陵王—美しすぎる武将—』シアタードラマシティ»

星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouge/星秀☆煌紅』梅田芸術劇場

この記事はだいたい 76 で読めます

タカラジェンヌ全力のコスプレが見られるぞ! ってなことで期待半分不安半分で見てきました。

沼だった。

いや,宝塚という沼には既にどっぷりなんですけど,サンファンっていう沼が…
内容も思ったほど初見殺しではなかったです。

続きを読む… «星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouge/星秀☆煌紅』梅田芸術劇場»

月組『エリザベート』宝塚大劇場(B)

この記事はだいたい 626 で読めます

2年ぶりのエリザベートを見てきました。
GoogleやらFacebookが「過去のこの日」みたいなのを強制的に出してくるので,そういや2年前もエリザ見てたな,と強制的に思い出させられるというか。

それはそうと,たまきちで10人目のトートなんですってね。もう10人なのか…

ひとまずBパターンを先に見てきました。

  • ルドルフ:風間柚乃
  • エルマー:暁千星
  • シュテファン:蓮つかさ

続きを読む… «月組『エリザベート』宝塚大劇場(B)»