宙組『SANCTUARY』バウホール

この記事はだいたい 341 で読めます

愛ちゃんの初主演公演を見てきました。なんというか、大きくなったなぁ…っていう変な親心を覚えたのは多分私だけじゃない。
舞台に一人で立つ愛ちゃんを見て、鐘新公を思い出しました。立派になって…

それはさておき、「バウ・ゴシック」の名の通り、とてもゴシックな演目でした。ああいうお衣装が好きな私みたいなのはお衣装だけでも楽しい。
ただ、お話はとても…重い…というとなんか違うんだけど…空気が重いというか、みんなジャラジャラ鎖引きずってるような。

続きを読む… «宙組『SANCTUARY』バウホール»

宙組『ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―』梅田芸術劇場

この記事はだいたい 544 で読めます

宙組全国ツアーのスタート地点、梅芸でベルばら見て来ました。
…梅芸の場面転換、こんなにやかましかったっけ? トンカンやってるのがすっごいよく聞こえてさ…まぁくんがカーテン前でソロ唄ってる時にはなんか落ちる音が…

続きを読む… «宙組『ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―』梅田芸術劇場»

宙組『ベルサイユのばら-オスカル編-(役替)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 148 で読めます

初日、新公と見てからの役替りBパターン…でもってmy楽を見てきました。
初日とくらべて…あれ? 民衆の場面でベルナールソロじゃなかったっけ…? 新公でも思ったけどロベスピエールと歌ってる…? と思ったら初日は確かにソロだったけど喉への負担とかもあったのか途中からロベスピエールと歌うようになったんだとか。
背中合わせ(少し語弊)で歌うビジュアルはいいなぁ…。
続きを読む… «宙組『ベルサイユのばら-オスカル編-(役替)』宝塚大劇場»

宙組『ベルサイユのばら-オスカル編-(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 58 で読めます

和希そらくんの新公初主演を見てきました。
いや、エエ声よね。知ってた。本公演でも小公子で幕開き冒頭から歌ってるけど、安定のエエ声。流石に最初の我が名はオスカルは緊張してるのかかなり固かったけれど、いやでもエエ声。
(先に中間全部すっとばして)最後の挨拶で、「自分の持ち味ではない役」と自分で言ってたけれど、どうしても和希のイメージって「少年ぽさ」が先行してたのだけれど、オスカルをやったことで、なんていうか逆説的? に「ああ、和希も女だったんだ」と思ったというか。

続きを読む… «宙組『ベルサイユのばら-オスカル編-(新人公演)』宝塚大劇場»

宙組『ベルサイユのばら-オスカル編-』宝塚大劇場(初日)

この記事はだいたい 445 で読めます

100周年だよベルばら祭(サブタイトルは「まだまだ続くよ!」)みたいな感じですがベルばら見てきました。
いや、月組のオスアン編とは全然違ったね。ていうか衛兵隊が武器横流ししてる場面なかったですね。ていうかジェローデルがちゃんとオスカルを敬愛してて、かつ叩かなかったね! 雪の全ツでも叩かなかったというし、むしろなぜ叩かせたのか…

続きを読む… «宙組『ベルサイユのばら-オスカル編-』宝塚大劇場(初日)»

宙組『ロバート・キャパ/シトラスの風II』中日劇場

この記事はだいたい 346 で読めます

かめろまぶりの中日に行ってきました。
…ダブルしたけど…いや、ダブルにしといてよかったのか…マチネもソワレも周りにイライラしながら見てたのがもったいなかったな…
膝に抱いててなお喋るお子様とか(椅子蹴るわ前の座席に手を伸ばすわ…)、舞台を指差してお目当ての位置をお隣同士で確認しながらかつ前のめりな人とか…orz
足して割ったら1回分以上の満足度にはなるよね! うん!

実はキャパ初演は見てないので(インフルで寝込んでた)ほんとにこれが初見でした。

続きを読む… «宙組『ロバート・キャパ/シトラスの風II』中日劇場»

宙組『翼ある人びと』シアター・ドラマシティ(トークショー付)

この記事はだいたい 856 で読めます

tubasa
登場する主な音楽家の生存時期と、この舞台で切り取られた時代を見てみると、たった3年しかないことにまず終わってからびっくりですよ。普通なら5年10年を、大劇場の一本物でも2時間半で演じている事が多いのに、たった3年を2時間かけてやってる。だからかもしれないけれど、すごく丁寧に描かれているな、と思いました。
クラシックの名曲の数々で彩られた音楽だけでなく、情景も凄く綺麗で、舞台に降る羽や落ち葉の効果的なこと。
とてもシリアスな話なのに、幻想的なくらい「綺麗」だと思いました。

…でもとても精神的に疲れる演目なのでとてもじゃないけどダブルは無理…ニジンスキーほどじゃないけどこの、疲労感。

続きを読む… «宙組『翼ある人びと』シアター・ドラマシティ(トークショー付)»

宙組『風と共に去りぬ(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 712 で読めます

宙組93期のラスト新公を見てきました。

スカーレットが男役の女装である必要性を感じないっていう本公演へのブーメラン的な新公であったと思います。最初からこれかよ、って話なんだけども。正直りくのバトラーよりもかのちゃんのスカーレットがすごくよかった新公でした。
男役がスカーレットを演じる必然性がどこにあるのかと考えてみたけれど、「風と共に去りぬ」の時代背景である1860年代の「進歩的な女性」は現代の、これを演じている20世紀も後半生まれの女性たちにしてみれば(確かに奔放ではあるけれど)独りで立とうとする姿は奇抜でも奇異でもなんでもない訳で。『とりかへばや物語』に見られるような、「女性が一人で物事を判断して生きていくことはできない」という前提の元で、「もしそういう生き方が出来る女性がいるとすればそれは女性として生きてきた女性ではない(男として生きた時代がある特殊な女性(=男役)だから可能なのである)」っていう論調に通じる所があると思った次第。
続きを読む… «宙組『風と共に去りぬ(新人公演)』宝塚大劇場»

宙組『風と共に去りぬ(Bパターン)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 39 で読めます

役替りBパターンを見てきました。
……先に書いてしまうと私はやっぱりAパターンの方が好きだなぁ…というのが正直な所です。それもスカーレット以外のところで。
やっぱり悠未さんはルネよりアシュレの方がいいし、スカーレット2もゆーりちゃんよりせーこちゃんの方が…なんだろうな…可愛かった。ゆーりちゃんが可愛くなかったとかそういうことではなくて、あのせーこちゃんの学年でやることが余計に奔放なスカーレット(の内面)に見えて可愛かったというか。逆にメイベルはゆーりちゃんの方がよかったと思うし。

…まぁそこらへんは好みの問題なんだけども。

続きを読む… «宙組『風と共に去りぬ(Bパターン)』宝塚大劇場»

宙組『風と共に去りぬ(Aパターン)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 354 で読めます

初日を見てきました(いつもどおり)。
うーん…やっぱり個人的な趣味嗜好の問題なんだけど、このスカーレットという人物を始めとして…主要な登場人物に共感の余地がほとんどないっていうのがなぁ…。オーシャンズ11も実はそういう感じで(なんでやベネディクトさん何も悪くないやろっていう)、あれは華々しい演出が楽しかったのだけれども。
まぁまだ幕が開いたばかりで固かった部分もあると思うし、もう一度見たら実はスルメだったとかそういう展開も大いにあるので。初回は「お、おう…」みたいな感じであった、とだけ。

続きを読む… «宙組『風と共に去りぬ(Aパターン)』宝塚大劇場»