宙組『華やかなりし日々(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 212 で読めます

 ももちの挨拶が見たかった、とほぼその一心でした。しっかりと「百千糸です」と挨拶でも名乗ってくれて…ももち…!(´Д⊂ヽ ももちのアンナ・ヘルドはせーことは違う曲のチョイスで、それでも歌唱力にはなんの心配もないですよももちだから。…裾は気になったけども。それにしてもももちはホントにこういう「毒」のある芝居がすごく上手いと思う。こないだのエージェントにしても、その前のおねね様にしても。あんな可愛い外見で福々しい顔で可愛い声なのに、ドスの効いた芝居がすごくハマる。
 同じように愛ちゃんはもう何の心配もないというか、堂々たる新公主演でした。
 ただ、愛ちゃんに限った事ではないけどカミカミの神が舞い降りていた気がします…よ…。
続きを読む… «宙組『華やかなりし日々(新人公演)』宝塚大劇場»

宙組『華やかなりし日々 / クライマックス』宝塚大劇場(初日)

この記事はだいたい 450 で読めます

 祐飛さんらの退団公演、華やかなりし日々の初日を見てきました。初日はどの組でも漫然と見てしまう上にまたもや0番が見えないっていう…私は宙組の初日、トラファルガー以降は毎回見てるんだけど毎回0番見えないっていうね…。
 そんな訳でとてもざっくりした感想です。

 の前に。初舞台生口上の時、上手一番端の男役さんがすごく頭身高かったのが気になりました。誰だろうなー。背が高くて小顔やった。(後日追記:組回り宙組配属の瑠風輝さんでした)

 祐飛さんが可愛いを解禁した…! って感じのパンフ写真ですよ。芝居でもダクトを伝う前の「ちゃっ」っていう仕草とかが…。にしても最後の「今まで沢山の人を騙してきた」と感慨深そうに言う所が、本来女性である人が「男役大空祐飛」として多くの人に夢を見せてきたことと重なって、退団公演のあて書きってやつは…終盤に近づくに連れてここで最後の涙腺決壊する人続出ではなかろーか。
 しかしすみかとの恋愛に発展する過程? 原因? がさっぱりわからないというか唐突すぎて…えっと…どこにどうほだされたの…? かなめさんとの幼馴染設定だとか、それこそりんきらと祐飛さんの幼馴染の写真の件だとか、後出しのタイミングがどれもこれも唐突で、パンフ読んでなかったらついていけない…。
続きを読む… «宙組『華やかなりし日々 / クライマックス』宝塚大劇場(初日)»

宙組『仮面のロマネスク / Apasionado!!II』中日劇場

この記事はだいたい 350 で読めます

 初・中日でした。…中日初めてどころかそういえば乗換以外で名古屋で降りるのも初めてでした。名古屋の地下街の迷路っぷりは梅田の非じゃないと思いますよ。通路が狭くて死角が多くてきた道がわからない(笑)
 そんなこんなで初中日、カメロマもこれが初見です。アパショも博多版をDVDでしか見てないので生で見るのはこれが初めてです。

 仮面のロマネスク、ホントに面白かった! 説明口調? とかなんでそうなるのかよくわからない、とかはあるけど普通に、見ててお衣装豪華だしキラキラしいし…下級生まで個人認識できるような感じで(だからってできてる訳ではないけど)面白かったです。ただ、感動とかそういうのはなかったかなー…泣くポイントは見つからなかった。
 ただ、ほんっとにね! えりぃが! えりぃがすごく良かったんですよ!!
 いやもうほんと初回はえりぃを見てたら終わってしまった感じ。誇張でもなんでもなく。
続きを読む… «宙組『仮面のロマネスク / Apasionado!!II』中日劇場»

宙組『クラシコ・イタリアーノ《新人公演》』東京宝塚劇場

この記事はだいたい 29 で読めます

 宙組91期最後の新人公演を見てきました。
 …でも終わってみたら…私何見てたんだろう…最後のえりぃの安定感あふれる挨拶…のあとのあっきーのほっぺたぱちーん…ですべて吹っ飛んだ気がします。私の記憶を返せあっきー。
 ムラと比較してどうのこうの…ってのはよくわからないけれど、至近距離で銀橋に立つあっきーがあんまりにも格好よくて、ホントにリアルメンズにしか見えなくて、不覚にもきゅん…っとしてしまったことを白状します。いや、ほんっとにかっこ良くてさ! 聞き及んでたヘタレなあっきーとか、とくスペで見たふにゃんとしたあっきーとか、そんなあっきーは幻であったのか、と思わせるくらいに格好良い澄輝さやとがそこにいました。

 まぁ挨拶はあれやったけど。
続きを読む… «宙組『クラシコ・イタリアーノ《新人公演》』東京宝塚劇場»

宙組『クラシコ・イタリアーノ《新人公演》』宝塚大劇場

この記事はだいたい 824 で読めます

 いつもにもまして一部の出演者に視線を奪われ…いや、あれもうほんと視線泥棒なんてもんじゃなくて視線強奪やがな…ってな状況だったので細かいところやらはよく見てません。この新公は東京でも見るので今回見逃した方々は東京でしっかり…見られたらいいなぁ…いやでもほんとに天玲の視線強奪っぷりはこれまでの比じゃなかったですよ…。パネェ。
 さて、あっきーの新公初主演ですが…うん、普通にかっこよかったよ。祐飛さんをほんとによく観察して…っていうと言い方がおかしいかもしれないけれど、本当に忠実に祐飛さんのサルバトーレを写してきたな、っていう印象。
 うららちゃんは安定の美人さんでした。ただ、すみかちゃんへのあて書きキャラクターだから、背も高くて出るとこ出てるうららちゃんだと…なんかこう…違和感が。それはもう仕方がないところなんだけど。歌もうまかった…んだけど…だけど…! 最後のあっきーとあわせて歌うファルセット部分が…うわわ…あそこだけ…頑張って…>< 地声で歌ってるところは普通にうまかった。
 愛ちゃんはもう貫禄すら出てきたんじゃないの…ビジュアルは今更何をかいわんや、だし。
ただ、ただね。あっきーも、愛ちゃんも、まだちょっと滑舌がさ…あれな感じだからさ…早口の場面はちょっと何言ってるかわかりにくいです(´・ω・`)
 りくのマリオもすごい良かった…あの仕事に頑固でクールなマリオが、酒場のシーンでは一気にいい男になってさぁ…!
 あと、翔! 翔のおやっさんがもうほんっっとによくてさぁ!!! 翔に泣かされたわ…。

 以下、だらだらと書いてます。
続きを読む… «宙組『クラシコ・イタリアーノ《新人公演》』宝塚大劇場»

宙組『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!』宝塚大劇場(初日+)

この記事はだいたい 846 で読めます

 初日・2日目と続けて下手側の席で見てきたので特に印象深かったところとかを重点的に。

 まず、お芝居は前評判だとか、事前情報どおりのスーツモノのお芝居です。…無難、と言ってしまうとマイナスイメージかもしれないけれど、特に奇を衒った演出があるわけではなく…なんていうか、いろんな意味で前作の雪とは対照的な芝居やな、と。とてもオーソドックス、だけど淡々と進むというか。でもなんか暖かい。ほっとする。ハートウォーミングと言われるとちょっと首を傾げたくなるけれど。
続きを読む… «宙組『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!』宝塚大劇場(初日+)»

宙組『美しき生涯 / ルナロッサ』宝塚大劇場(千秋楽)

この記事はだいたい 228 で読めます

 千秋楽を見てきました。気になることはただ一つ、退団が延びたたまみが大階段を降りてくれるかどうか。そしてりりこの最後のエトワール。たまみとりりこの歌声(トニカも歌ってるけど)、トニカの群舞。三人をしっかり見よう、と思って見てきました。
続きを読む… «宙組『美しき生涯 / ルナロッサ』宝塚大劇場(千秋楽)»

宙組『美しき生涯《新人公演》』宝塚大劇場

この記事はだいたい 945 で読めます

 宙組新公は今回が2回目、前回は一本物だったのでカットカットだったけど今回はノーカット(のはず)という訳ですっごいウキウキしながら見てきました。個人的には家康役のてんちゃんね。浜松出身ということでの家康役。配役出る前から家康はぜひてんちゃんに…! ご当地だし!! と思ってたらほんとに来たっていうね。まぁ本役がすっしーさんだから割と現実的な意味で期待してたんだけど(鐘でも新公はすっしーさんの役だったし)。
 新公主演2回目の愛ちゃんはもう堂々としたもんでした。美しかった…期待してた無精髭まで美しかった…。
 りくちゃんの疾風はものっすごいクールやった。「土のように冷たく」やったわほんとに。凰稀疾風はうちに熱いものを秘めた疾風だったけど、蒼羽疾風はものすごいクールやった。

 以下うだうだとシーン順に書くよ。アドリブも覚えてる範囲で書くけどニュアンスです。台詞の端々はニュアンスで。
続きを読む… «宙組『美しき生涯《新人公演》』宝塚大劇場»

宙組『美しき生涯 / ルナロッサ』宝塚大劇場

この記事はだいたい 859 で読めます

 2回目を見てきました。初日から舞台がダンチに進化してると聞いてどんなもんかなー((o(´∀`)o))ワクワク と思っていたのですが。やっぱり私はこのお芝居には感情移入は出来ないのかも…なんかね、トンデモ設定を受け入れるために、頭がゲームみたいな扱いで見てるというか。無双やbsrやりながら泣かないのと私には同じなのかな…逆に笑いそうになってしまう…
 そんな訳でまたも全体的に辛口で書きます。あ、でも今回は上手側で、前回見逃したあれもこれもそれも…とにかくたくさん見られたのでそれはとてもよかったです。
続きを読む… «宙組『美しき生涯 / ルナロッサ』宝塚大劇場»

宙組『美しき生涯 / ルナロッサ』宝塚大劇場(初日)

この記事はだいたい 1624 で読めます

 さて、演目が三成と決まったときは喜んだものの追加情報出る度にテンションだだ下がりでそれでも贔屓組だしと楽しみにしていた初日です。ごめん、私宙組に限らずヅカファンの時期より歴オタの時代の方がずっとずっと長いねん…
 ええ、そんなわけでまぁとてもフラストレーションの溜まる芝居でございました。下手に知識があるから余計になんだろうけども。でも予習ってか、パンフざっくりとか読んでないと色々イミフというか唐突過ぎる展開もあり…えっと…それでええのん? な所も多々ありーの…うん…私はこれ、今以上にチケット増やすのは無理やわぁ…。
 隣の人が涙拭ってる横で私ずーっと(ノ∀`)な顔してたもの…。え、無理、感情移入とか少なくとも今日の時点ではマジ無理。次見たら多分、大なり小なりは変わると思う。けど今日はドン引きではないけど…割と引いてたから…。
 ショーは楽しいけど…暗い(照明的な意味で)でも見せ場もらってる人がたくさんいるから多分スルメ(回数重ねると楽しくなる)だと思う。ファンキーはほんとにスルメだったし。
 そんないつもに比べて辛口感想(芝居に対して)が続きます。そしていつもにもまして無駄にめちゃくちゃ長いです。そして書き忘れ箇所とか多々あるので他の方々のレポなどを…御覧ください…。
 あと、前の席の方の頭で下手が見えなかったので…下手で行われていた事とかはすっぽり抜けています。
続きを読む… «宙組『美しき生涯 / ルナロッサ』宝塚大劇場(初日)»