雪組『ひかりふる路(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 63 で読めます

綾くんの初主演ということで,どうしても見たくて行って来ました。
今作はワイルドホーン氏の全曲書き下ろし楽曲というだけでなく,本役二人が演技巧者・歌ウマということで初日からものすごい完成度で(その後もいい感じに力が抜けてさらに進化している),新公難しいぞ・・・と思って期待値はそこそこ,だったのですが(この前に見た宙組がとても難しかったので),期待値を大きく上回る新公でした。
続きを読む… «雪組『ひかりふる路(新人公演)』宝塚大劇場»

雪組『キャプテン・ネモ』シアタードラマシティ

この記事はだいたい 843 で読めます

青年館で見た人から、新興宗教みたいな感じ、と聞いていたけど、確かに宗教でした。ほんとにみんながみんなネモ船長に心酔仕切っていて、そんなネモ船長も聖人のようなことを言う割にはかなりのエゴの持ち主で、総じて思ったことは「ガンダム作品っぽい」でした(どうひっくり返ったやら)。

下級生までしっかり役があるのでお目当ての下級生が居る人は楽しかったんじゃないかと。お衣装も変わらないので、後から気になった下級生を探すのも簡単だし。

続きを読む… «雪組『キャプテン・ネモ』シアタードラマシティ»

雪組『るろうに剣心』宝塚大劇場(初日)

この記事はだいたい 759 で読めます

どーしてもるろ剣は初日に見たくて休みをもぎ取って見てきました。終演後には笑いが止まらなかったです。いやー面白かった。特になぎしょが。

今回は公演プログラムが右綴じ、中に折り込みでピンナップやら原作キャラの紹介あり。稽古場写真多めで、え、なにこれ豪華。これでお値段据え置きとか…やればできるんやないか!

謎の鍋の具材アンケートでちぎたんしらたき、だいもんは卵。………肉連呼してる他の人が遥かにマシに思えるよ…

続きを読む… «雪組『るろうに剣心』宝塚大劇場(初日)»

雪組『悲しみのコルドバ/La Esmeralda』全国ツアー

この記事はだいたい 336 で読めます

雪組の全国ツアーをとりあえず梅田で見てきました。今回は梅田で1回しか取れなかったので遠征をかけるわけですが……遠征、計画しといてホントによかった!

全ツに限らずバウとかでもそうだけど、人数減ると色んな人に場面やら見せ場ができるのが良いよねぇ…

続きを読む… «雪組『悲しみのコルドバ/La Esmeralda』全国ツアー»

雪組『星逢一夜/La Esmeralda』宝塚大劇場

この記事はだいたい 533 で読めます

お芝居の方は、初日に見た人から「涙枯れるほど泣いても足りない」「ハンカチは無力」「マスカラダメ・ゼッタイ」とか色々聞いてたので、泣く気マンマンで手ぬぐい持参かつ薄化粧で見に行った訳ですが……いっそすっぴんで行け、って感じですかね……ええ……。自分もボロボロ泣いてるけど、隣り近所も凄い頻度で目元にハンカチやってるし、すすり泣きの声も聞こえてくるし……公演グッズでタオルハンカチ出せばいいのにマジで。

続きを読む… «雪組『星逢一夜/La Esmeralda』宝塚大劇場»

雪組『アルカポネ —スカーフェイスに秘められた真実—』シアタードラマシティ(初日)

この記事はだいたい 330 で読めます

だいもん主演のアルカポネ、幸いにして初日を見られたので1回きりですが見てきました。

下手側の席だったので、肝心の頬の傷がほぼほぼ見えないという…

それにしてもビクトリアンジャズといい、今回のアルカポネといい、だいもんが主演する演目ってことごとくリズムやら音程やらの難易度高めな歌ばっかりじゃないですかね…さすがだいもん…

続きを読む… «雪組『アルカポネ —スカーフェイスに秘められた真実—』シアタードラマシティ(初日)»

雪組『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』宝塚大劇場(初日)

この記事はだいたい 1015 で読めます

ちぎみゆ初日を見てきました。とんでもない風で、足下は凍ってるしで大橋の上で転びそうになりながら行ってきましたよ。

お芝居は言ってしまえばドタバタコメディなんだけど、ほろりとする場面もあり、お正月お披露目のお祭りには向いた演目だったと思います。

帰りに劇場出たら雪積もってたけどね…こんなところで雪組の伝統発揮しなくていいよちぎたん…!

で、ちぎたんといえばご挨拶なわけですが…期待を裏切らなかった!

続きを読む… «雪組『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』宝塚大劇場(初日)»

雪組『パルムの僧院』バウホール(初日)

この記事はだいたい 928 で読めます

咲ちゃんの単独バウ主演の初日を見てきました。
灼熱から3年とすこし、灼熱の初日でもダブル主演のなぎしょが新公主演も経験なしの状態でのダブル主演の片割れだったのもあって、咲ちゃんの堂々たる様子が際立ってたのですが、今回、新公卒業してからの初主演ということで…いやぁ大人になったねぇ…というのが最初の感想(保護者か
もうね、出てきて第一声から全然違うのね。最近のバウで、お芝居だと95期(花組星組)とか、同じ93期でも初主演の宙組とかだったからかと思うんだけど、経験値が違う…! って思わされました。

続きを読む… «雪組『パルムの僧院』バウホール(初日)»

雪組『一夢庵風流記(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 853 で読めます

れいこちゃんこと月城かなとくんの新公2回目主演を見てきました。
勝手な印象で、れいこちゃん=(クソ)マジメ(場合によっては潔癖)みたいな役柄のイメージがありまして。れいこちゃんを認識したのが灼熱だったから余計にそうなんかなぁ…
そんなれいこちゃんのイメージは前回の新公でも変わらず(マジメなサラリーマン)、その後の心中でも裏打ちされ(マジメな丁稚)、今に至る(ストイックな影者)訳で、この新公でどんな華々しい傾きっぷりを見せてくれるのか期待しかなかったです。

で、期待は確信に変わりましたね。
続きを読む… «雪組『一夢庵風流記(新人公演)』宝塚大劇場»

雪組『一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA(初日)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 1257 で読めます

毎度の事ですが雪組さんの初日を見てきました。えりたん、あゆっち、まっつ…(´・ω・`)
豪放磊落な前田慶次郎を、自身を「雪山のジャイアン」と表現したえりたんがどう演じるのか、どんな粋で剛毅な前田慶次郎になるのか、楽しみしかなかったわけですが。歌劇の座談会とか読んでもほんとに楽しみしか無かったです。
歌劇の座談会で知ったのですが、ずいぶんと原作と役どころが変わった人物が多いようで。まっつの雪丸は元々原作では1ページもないくらいの出番しかなく(しかも回想モード)…それをまっつが演じるんだからそりゃぁ大幅改変入るキャラだとは思っていたけれど。

ちなみに原作本は文庫で1冊、漫画だと十数冊…ということなので楽をしようと文庫版を読みました。

…うん、読みやすい。読みやすいんだけど、どうしても「女」っていう性が男から見た「女が魅力的」「女という生き物はこういう生き物だ」みたいなのが透けて見えるのがなぁ…うーん。

以下、ネタバレ大いに含みます。

後からちょいちょい追記してます。

続きを読む… «雪組『一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA(初日)』宝塚大劇場»