プレシーズンマッチ 京都 2-3 C大阪

この記事はだいたい 531 で読めます

いよいよサンガスタジアムが始動の日を迎えました!

ライン引かれて,ゴールが設営されて,観客が入って…試合が始まる。いよいよ,サンガの新しいホームのお披露目です!

というかあまりにも良いスタジアムすぎてほんとにサンガのホームスタジアムか不安になるわ。寝て起きたら夢じゃないよね。

とてもとても良いスタジアムです!

とはいえ極寒の待機列

列の整理は10:30,と言われていたのに実際は11時。建物に沿って並んでいた先頭付近がゲート前に列を再形成して待たされることに。開場は11:30なので30分待機…の間に天候は吹雪! みるみるうちに頭や鞄が白くなっていきます…つらい。

屋根付き万歳!

入場する頃には一旦,雪も止んでたのですが,入って席を決めてる間にピッチの方が白い…また雪が降り出しました。

この,雪が降り出したことにも気づかないんですよ,屋根があるから! 屋根ってそういうものなんですけど(屋根の定義とは)これまでと環境が違いすぎてこんなことにも感動するんですよね…

日向と日陰で体感温度違いすぎ

試合直前には一転して青空が広がり,日向は暖かい空気に…なったのですが,2階の後ろの方は日陰なのでその恩恵にはあずかれず。あまりに寒くて晴れ間が出たら日向に降りて日光浴したくなるくらい…

ただ,真夏の日差しになったときには後方席は日陰で心地よく…なるといいのですが。

今シーズンも楽しみな補強

補強ガチ勢という評価をいただいている今期のサンガ,練習試合のメンバーとかも見ずに今日の試合を迎えたのですが…

ヨルディバイスいいね!

バイスがバイスキャプテン(副キャプテン),とかいうネタがあったようですがそれはさておき,めちゃくちゃ光ってましたね!

カザキいいね!

前半はうーん? と思っていたのですが,後半ミドル打ったりで,カザキの覚醒が戦術の幅を広げてくれるのではないでしょうか。

ウタカいいね!

最後の得点に目がいきがちではあるけれど,あの我の強さは私が常に欲している要素ですね!

思ってた所にパスが来ないでガチ切れするところとか凄く好感が持てます。その調子でこの先も貪欲にお願いしたいですね!

とはいえセレッソとの差は歴然

完成度や,そもそもディビジョンの違いはスピードの違いに他ならないな…としみじみ。

ひとつひとつのプレーが少しずつ遅いので,なかなか通せないし,逆に通されてしまう。

ただ,セレッソレベルでなければ(J2下位チームとか)押せてしまうのでは? とも思えてしまったので…とはいえ研究されると押し勝てないんだよなぁ…去年みたいに。

セレッソサポーターに最大限の感謝を

セレサポさんが最後に上げてくれた段幕。そして京都サンガコール,ほんっとうにありがとうございました!!!

セレッソコールを返しながら,不覚にもウルッときていました。PSMとはいえ,コール返しなんて久しぶりじゃないですかね。

今後の改善点

入場待機列

最優先課題です!!

今回,入場待機列がめっちゃくちゃ長くなって,特にバックのチケット持ってる人がなかなか入場できなかった。

同じ列に並ばした時に,より出足が早いのがゴール裏チケット保有者なのでそういうことになるんだけど,それにしたってバック席の客数は単純に座席の数からして最大派閥のハズなのにどっかとくっつけようってのが無謀。

ここは開幕に向けて最優先で改善していただきたい。

コンコース内の売店の導線

なまじ便利な売店がすぐそばに出来てしまったのでみんなこぞって買いに行くのはいいけど,導線が活用されてなくて,特に私が見てるのがゴール裏の売店だけなんだけど,横がチャイルドルームの出入口なので,この前にも人がびっしり並んでしまうのはどうにかした方が良いと思います。

再入場出入口の導線

最初の方に入場して,食べに出ようとした時に再入場出入口がわからなかった(同じ所に戻ってきたら貼り紙追加されてたりしたので手配遅れなのだと思う)。

また,メイン側出口とバック側出口とあったのだけれどバック側出口から出るとゴール裏及びバックの入場待機列の前の方(あと200mくらいで入場)と合流してしまうから,待機列の人からすれば横入りされたような感じになると思う。

戻ってくるときは逆に,待機列と同じルートになるから「抜かされていく」感覚になってしまう。

これは今回の入場待機列の作り方や,サンガらしくない来場者数にもよるから次以降はまた状況変わるのかも知れないけど…

あと,実際に出た出入口とは違うところからも入れてしまったのでそのへんどうなんかな,って思いました。

そのほか気になったこと

JRの輸送力は及第点以上

スタジアム→亀岡駅の道は人で溢れて詰まったりもしていましたが,1時間が過ぎる頃には滞留という程のこともなく,ノロノロ歩きといったところでした。

駅構内への入場を規制するのはホームからの転落はもとより,階段での押し合いを回避するためにも必要なことだと思うので,そこの滞留は致し方なしですね。

実際に構内に入ってホームに下りてみればそこはけっこう空いていて,正直,大阪駅の環状線ホームの方がずーっと混んでる。

ただ,今の時期は観光客も比較的少ないシーズンであり,かつ,新型コロナウイルスの件でインバウンド客も減ってるので(行きの京都駅からの車内もいつもならたくさん見かけるキャリーケースがほとんど無い),これが毎回かといえばそうではないと思います。

トイレは想像以上に回転がはやい

ゴール裏の女子トイレ,ほんとに宝塚大劇場のミニ版って感じ。数も多いし,一目で全個室の空き状況見えるしウォークスルーだからぜんぜん並ばない!すごい!

場外のグルメエリアは今後も続けて欲しい

今回,かなりの数の店が出店していて(そばとかラーメンとか温かいものも多かった),風よけビニール付きの飲食テントも用意されてたのが凄くよかったです。

今回ほどの規模はさすがに難しいかと思いますが(サンガの動員力上げれば常設化へのハードルも下げられるかも…?),今後も何らかの形でやっていただけると凄くありがたいです。デーゲームなら試合後にも食べられると帰宅分散になるので更にありがたいですね。

おいでよサンガスタジアム

そんな感じで入場待機列のグダグダっぷりは全世界に向けて晒されてしまったPSMでしたが,その一方でこのサイズの球技専用スタジアムとしては現時点で日本最高レベルということも大々的にアピールできた試合でした。

入場待機列の件はきっと早急に改善してくれることと思います。きっと。

そんなとってもとってもいいスタジアムがサンガのホームスタジアムだなんて……まだ夢のようです。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA