雪組『ひかりふる路(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 63 で読めます

綾くんの初主演ということで,どうしても見たくて行って来ました。
今作はワイルドホーン氏の全曲書き下ろし楽曲というだけでなく,本役二人が演技巧者・歌ウマということで初日からものすごい完成度で(その後もいい感じに力が抜けてさらに進化している),新公難しいぞ・・・と思って期待値はそこそこ,だったのですが(この前に見た宙組がとても難しかったので),期待値を大きく上回る新公でした。
続きを読む… «雪組『ひかりふる路(新人公演)』宝塚大劇場»

宙組『神々の土地(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 70 で読めます

本公演の感想より先に新公の感想から先に(忘れないうちに)メモしておきます。最近の新公はずいぶんとレベルも高く、新公らしいどきどきとかが(いい意味で)ないことが多いのですが、今回は良くも悪くものびしろが大きいというか、誤解を恐れずに言うなら修正点がかなり多い新公でした。

・・・まぁそれも含めての「新人公演」なので、完璧なものは求めてないといえばそうなんですが。

続きを読む… «宙組『神々の土地(新人公演)』宝塚大劇場»

宙組『エリザベート(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 729 で読めます

是が非でも見たかったエリザ新公を幸いにして見られたので(チケット手に入れる前からとりあえず休みだけは申請してた)見てきました。

正直期待値あげすぎたかな、とも思う所はあったのですが、そんなことはさておいても素晴らしい新公でした!

続きを読む… «宙組『エリザベート(新人公演)』宝塚大劇場»

星組『黒豹の如く』新人公演(宝塚大劇場)

この記事はだいたい 518 で読めます

ことちゃんあいりちゃんの新公を見てきました。
いやーこれは難しいわ。
挨拶で、麻央くんもことちゃんも口々に「柴田先生の難しい脚本と謝先生の難しい振り付け」と言っていたけれど、ほんとに難しい。場面場面では上手いと思うのだけれど、通しで見た時に一貫したキャラクターをつかめてたのがほんとに…少なかったと。
見ている側にもとても難しい脚本だから(新公の日の本公演はBに学生さんの団体がいたけれど反応がぽかーん、だったし)なかなか…いろんな意味で難易度高いわぁ…

続きを読む… «星組『黒豹の如く』新人公演(宝塚大劇場)»

宙組『白夜の誓い(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 833 で読めます

桜木伶美の新公を見てきました。ずんちゃんは初主演、一方のゆーりちゃんは…いや、もうほんとにいまさら新公ヒロインする必要性がどこに? という印象が拭えません。バウヒロインもDCヒロインもやってるし本公演だってイザベルだしさ。

ずんちゃんは初主演で、流石に最初はものっっっすごい緊張が顔に出ていたのですが(銀橋出てきた時にすごく頬が引きつってた)、あ、なんか久しぶり、こういう初主演を見る感覚。
ご挨拶はとても流暢で、客席から笑いが起きていたけれど(凰稀さんには「失敗してもいいから全力でやりなさいと言われ~まだまだ青い私に~」みたいなところで)、全体通して話がループすることもなく、首をかしげるような言い回しもなく、とてもスッキリしていたと思います。2回めに幕が開いた時は「え、これ私が締めるの?」みたいな間がありましたが。微笑ましさは存分に内包しつつそつがないご挨拶でした。

続きを読む… «宙組『白夜の誓い(新人公演)』宝塚大劇場»

月組『PUCK(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 943 で読めます

あーさ(朝美絢)の新公初主演を見てきました。…ここにも95期! ほんとに花盛りですね95期。

それはさておき。

あーさを個人認識したのは割りと遅くて、ベルばら新公の衛兵隊では「誰あの綺麗な顔の子」だったのですが、顔と名前を一致させる努力もせずに、「朝美絢」という名前を覚えたのは月雲の時でした。あの末っ子皇子も可愛かったなぁ…。そういう意味では同期のまゆぽんこと輝月ゆうまくんの方が個人認識は早かったですね。よく歌ってたからか。
とはいえ、可愛いだけじゃないというのもじゅうじゅう承知で…男臭い芝居やら踊りをする子だなぁと思っていたのですよ。小柄なのに娘役さんリフトする安定感といい、花詩集新公でのギラギラ具合といい。…いやぁあのギラギラ具合は完全に想定以上でした。

そんな訳でどんなギラギラキラキラした妖精さんになるのかとても楽しみでした。あーさのエルフ耳!!

続きを読む… «月組『PUCK(新人公演)』宝塚大劇場»

花組『エリザベート―愛と死のロンド―(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 537 で読めます

結局本公演を見ないまま新公を見てきました。
劇場のゲート前に申し訳程度の「徹夜でのお並びはご遠慮ください」の紙がぶら下がっていたけれど、週末にはなかったというから新公にあわせて出したのかな。今更というか付け焼き刃というか場当たり的というか。外に置くには(いくら屋根だけはあるところとはいえ)あまりにも貧弱な紙だったからちょっと雨風のキツイ日があったら一日と言わず数時間で劣化しそうな。
まぁそれも頷けるくらい、立ち見の入場列すごかったですわ…星の新公でも立ち見多かったけど流石エリザ…。
幸い座席券を手に入れることが出来ていたので、二階席から見せて頂きました。
続きを読む… «花組『エリザベート―愛と死のロンド―(新人公演)』宝塚大劇場»

星組『The Lost Glory―美しき幻影―(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 350 で読めます

麻央くんの新公主演といえば、ノバボサの 超☆体当たり!!! な力押しがどうしても蘇ってくるのですが(ほんとに全力投球だった…)、今回は抑えたお芝居で主演ということで、少しはあのイメージが薄まった…かな…?
新公も長の学年になったことで、あの中でも全体をまとめ上げる立場になったんだなぁ…という意味では「上に立つ男」として堂々とした芝居っぷりであったように思います。ただ、理事の役って難しいよね!とても!!

続きを読む… «星組『The Lost Glory―美しき幻影―(新人公演)』宝塚大劇場»

雪組『一夢庵風流記(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 853 で読めます

れいこちゃんこと月城かなとくんの新公2回目主演を見てきました。
勝手な印象で、れいこちゃん=(クソ)マジメ(場合によっては潔癖)みたいな役柄のイメージがありまして。れいこちゃんを認識したのが灼熱だったから余計にそうなんかなぁ…
そんなれいこちゃんのイメージは前回の新公でも変わらず(マジメなサラリーマン)、その後の心中でも裏打ちされ(マジメな丁稚)、今に至る(ストイックな影者)訳で、この新公でどんな華々しい傾きっぷりを見せてくれるのか期待しかなかったです。

で、期待は確信に変わりましたね。
続きを読む… «雪組『一夢庵風流記(新人公演)』宝塚大劇場»

宙組『ベルサイユのばら-オスカル編-(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 58 で読めます

和希そらくんの新公初主演を見てきました。
いや、エエ声よね。知ってた。本公演でも小公子で幕開き冒頭から歌ってるけど、安定のエエ声。流石に最初の我が名はオスカルは緊張してるのかかなり固かったけれど、いやでもエエ声。
(先に中間全部すっとばして)最後の挨拶で、「自分の持ち味ではない役」と自分で言ってたけれど、どうしても和希のイメージって「少年ぽさ」が先行してたのだけれど、オスカルをやったことで、なんていうか逆説的? に「ああ、和希も女だったんだ」と思ったというか。

続きを読む… «宙組『ベルサイユのばら-オスカル編-(新人公演)』宝塚大劇場»